みなさんはご存知ですか? これが板金塗装の流れです。

01.jpg 1

1、搬入

事故などにより損傷を受けた車を搬入。運転不可能な場合はトラックで、受け取りに

07.jpg

7

7、調色作業

車体の経年変化などによる塗色のズレを車の色に合わせるための調色を行う。

02.jpg

2

2、事故状況の診断

ユーザー及び保険会社への診断書提出時、撮影した写真を電送し車体状況を報告するケースも。

08.jpg

8

8、塗装マスキング作業

塗装しないパネルをマスカー紙でカバー。塗装部分だけ露出させるマスキング処理をする。 

03.jpg

3

3、コンピュータ見積り

パソコンの見積りオリジナルソフトを駆使し、リアルタイムで見積りをする企業も。

09.jpg

9

 

9、乾燥

塗装を終えた車は、乾燥室でじっくり乾かせる。

部分塗装の場合は、赤外線を使う場合も。

04.jpg

4

4、フレームのひずみ計測

 骨格パネルをボデーチャートの基礎寸法に合わせるためのひずみ計測。 

10.jpg

10

10、磨き作業

車内クリーニングの後、ポリッシング機で隅々まで磨きをかける。

05.jpg

5

5、外板パネル取付・調整

エンジン、足回り、外板パネルを取り付け、外板パネルの建て付け、隙間を調整する。 

11.jpg

11

11、納車

トラックに積載して、ご希望の日時に合わせてお客様までお届け。 

06.jpg

6

6、パテの乾燥

パテを塗り、へこみをフラットに。パテにもさまざまな種類がある。

12.jpg

12

12、アフターフォロー

修理内容の説明や保証の期間など、丁寧に説明。アフターフォローも万全の体制で。